FC2ブログ

今年も



 気づけば満開、彼岸花。
 それはいいとして、この傘はなにがどうしてこんなことに??

スポンサーサイト



2011.09.30 | Comments(0) | Trackback(-) | 日記もどき

どんな味だろ

 最近固いおやつを途中で丸飲みしやがるコン様に、新しいおやつを購入。エアイン牛皮ミルク味(仮名)だ。
 以前ローソンで出してた、ムツゴロウさんプロデュースのミルク味といちごミルク味の牛皮が、大変気に入っていたようだし、あまり固くも無さそうだし。
 さっそく与える。
 勢いよくくわえるコン様。かばーんと口を開けて取り落とすコン様。
 ?!
 嫌いだったか? と拾い上げるとまた、ぱっとくわえるのだが、即落とす。なにコン様、なんの現象それ。
 ミルクの匂いなのにミルクの味がしないことへのショックだろうか。匂いがきつすぎてむせたりだろうか。まぁ人で言うなら、バニラの匂いのするめみたいなものだろうけれど。
 時間がなくてその後を見ていないのだけど、一応その後みたら無くなっていたので、食べたのかな。
 あと8本あるよ。どうしようかねぇ。

2011.09.30 | Comments(0) | Trackback(-) | 日記もどき

サマ化け

 次々と開き落ちていく花火の間を無軌道に動き回る色とりどりの丸い光は、たぶん新作花火ではない。
 三列前のシルバー着けすぎの柄の悪い集団の間で、さっきからちょんまげが二本、踊るように揺れている。
 ていうか左横にいる人ときたら絵にかいたような落武者だし(折れた弓付き)右横の着ぐるみの一団は人のようだが、その前にいる後ろ姿の綺麗なお姉さんは、全身いささか赤すぎる。顔さえ見なければ大変愛らしいフリルのドレスのご老人は、いったいどちら側だろう。
 冬服の子供たち、オレンジに光るUMA。ほかにもいろいろ、形すら定まらないものが、あたりを埋め尽くす人の群れの間に、たくさんたくさん混じっている。
 花火が終わると、あたりは闇に包まれる。ざわめきは徐々に静まる。有象無象のそれぞれが、一点を見つめ待ちわびている。同じものを待っている。
 まぁいいかなんだって。夏で、お盆で、野外だもの。
 ライトが闇を焼き上げ、轟音が胸を切り裂いた。噴き上げる熱気にのせて、たまった叫びを吐き出す。夜空に拳を突き上げる。

2011.09.25 | Comments(0) | Trackback(-) | 500文字の心臓

行く先はたぶん間違えた

 エスカレーターはピカピカで一番上までまっすぐ、放射状に何本も伸びていたが、なんの支えもなく、あまりの宙へのうきっぷりが不安で、エレベーターを探す。とエスカレーターよりましそうなルートを発見。
 ヘルメットとシートベルトをし、足でなにかを蹴るとレールの上をじゃーっと上がっていく、一人乗りの人力ジェットコースターのようなおかしな機械で上まで登ったところ、てっぺんでうんともすんとも言わなくなった。
 標してある管理会社に電話をかけるが、現在使われておりませんで、「イチロー五番街管理」の名前を頼りに検索するが、うまいこと見つからない。
 その時ちょうど従姉から電話があったので、拾いにきてくれまいかと頼むと、そこはちょうどまあかのへやの横だからいけばいいと言う。
 まあかとは真赤と書く。賢く美しく、まるで赤ん坊のように邪気も嫌みも裏もない、たいへん気持ちのよいしかし出来すぎた少女の名だ。皆から生き神と崇められている。つまりは新興宗教というやつだ。
 まあかのへやは学校か公民館かという趣で、人ひとり紛れ込んでもたしかになんということもない。
 私は父が猫なので、猫の姿で忍び込むと、真赤がすぐに気づいて遊ぼうとやってくる。私は少年の姿に戻り、遊ばない、勉強するというと、からんとした声と笑顔で、じゃあ私も勉強すると言う。かつて私が使っていた机につくと、小学五年と高二の教科書。そこにはチップスターを少しずらしながら並べたような図があり、一枚ずつ片隅に小さな数字が書かれている。兄弟の多かった私の家ではかつてこんな風に数字を書いたものを奪い合ったなぁ、あの頃は楽しかったと思い出す。


****

 とまあ、そんな夢を見た。
 『まあかのへや』というフレーズがなんだか気に入ったので、覚えとくぜと気合いを入れたら他の部分もかなり覚えてた。続きは続かない。
 五番街は八番館だったかもしれないが、イチローはそのまま。
 真赤は西炯子の描く美少女的なルックスだった。私でない私は黒猫である。

2011.09.09 | Comments(0) | Trackback(-) | 日記もどき

飛行機雲





 今日は飛行機雲のできやすい日だったようだ。出先で最初の1本を見て、家に着くまでに8本に!
 一度に飛んでいくのは一機なのに、同じルートを飛ぶのか、平行に線が引かれていく。それが3ルートほど。
 航空ショーかよ。
 今日雲できるぜーと面白がって飛んでるような気がしてならない。
 そういえば一度甥と夜散歩に出たときも、いっぱい見つけたな瞬く飛行物体。
 意外とたくさん飛んでる飛行機。

 雲を引きながら飛んでいくさまは真昼の流星の如し。

2011.09.08 | Comments(0) | Trackback(-) | 日記もどき

«  | HOME |  »