FC2ブログ

花と月







20130323 船小屋

 オレンジを押さえぎみに色調補正したら月が青く写って綺麗。
 寝不足で変なテンションだったので、細かなクオリティはあれだけど、なんか面白い写真が撮れた。
 最後のはまっくらな場所でフラッシュだより。着物みたい。
 これ満月の日に三脚とか色々ちゃんと持っていって、ちゃんと考えて撮ったらすごい写真が撮れそう。
 満月いつかな(きらり)

スポンサーサイト



2013.03.25 | Comments(0) | Trackback(-) | 日記もどき

眠<花







20130323 船小屋

 先日、土曜だからSを花見に誘えばよかったなー。でも超寝不足だから寝なきゃなーと思いながら帰宅していたらそのSの車とすれ違った。わー!
 ということで夜桜。ライトアップしてなかった(水害の影響なのか毎年してないのか)
 とりあえず外灯があるところで撮影。
 明かりのせいでだいぶオレンジ。最後の一枚の明かりは月。

(つづく)



2013.03.25 | Comments(0) | Trackback(-) | 日記もどき

春の太陽





2013年3月半ば
朝と夕方

 色々なものが飛んでるせいで空気が濁り、ずいぶん高い位置にある太陽が直視できたりする(よいこは真似しない)
 未確認飛行物体ぽく撮れて面白いが(カメラや携帯が大事なら真似しない)面白がってる場合じゃないか。

2013.03.19 | Comments(0) | Trackback(-) | 日記もどき

ひなまつり

ひなまつりひなつりまつりひなつまりひまなつりなりなつまつひ

(雛祭り、雛釣り祭り、雛詰まり、暇な釣り也、夏待つ日)

上は自分のツイートより。こういうの考えるの割と好きかもしれない(たぬきも楽しかった)

 ひなまつり、このあたりは旧暦でやるので、むしろこれからが本番。
 さげもんは一見の価値ありです。

2013.03.04 | Comments(0) | Trackback(-) | 日記もどき

妖精をつかまえる。

 奴が残した手帳の、走り書きのメモの中、唯一くっきりと綴られた文字の筆圧の強さに、ふとあの傷跡を思い出す。
 座った時に親指でそこを撫でる癖がある。左腿に逆さ向きに刻まれた不格好な蝶の羽。おそらく自分で切ったのだ。跡が残るほどに深く強く。
 32歳男性。背が高い。やせ形、無口。酒もタバコもやらない。生活は質素。
 この職についたのは、行方不明の妹を探すため。色褪せたシールのついた、古い手鏡を持ち歩いている。
 長い付き合いだが知らないことも多い。例えばこの部屋。壁も棚も天井までも、古い鏡だらけだ。少し動くたび、幾千もの鏡像がぞろりと動く。
 手掛かりが見つからない。痕跡を辿ることに長けた人間は、痕跡を消すことにも長けている。だから失踪は奴の意思だ。そう思っても心がざわつく。
 不意に視界の隅で何かが動いた。鮮やかな黄色。さっと振り返った拍子に、傍にあった鏡を倒した。窓の外に、季節外れのモンキチョウ。
 ため息をついて、割れた欠片を拾う。
 奴と目があった。
 合わせ鏡の奥の奥。物言いたげな顔は、瞬きと共に消える。消えた。
 気づけば血が出るほどに欠片を握りしめていた。
 風を感じ、顔を上げる。無数の蝶の羽ばたきが部屋中の鏡を埋めつくし、消えた。

2013.03.02 | Comments(0) | Trackback(-) | 500文字の心臓

«  | HOME |  »